何を面接で伝えればいいのか

できることは何なのか

得意なことを、面接で述べてください。
企業は、安心して仕事を任せられる人を探しています。
しかし苦手なことばかり伝えていると、相手にとっては何ができる人物なのかつかめないかもしれません。
得意なことや、できることを中心に話してください。
もちろん自分を知ってもらうために、苦手なことを伝えるのは構いません。

ですが、これができないという話で終わらないでください。
今は苦手だけれど、克服するためにこのような努力を続けているという話に持って行くと、前向きな印象を与えられます。
努力をしていることをアピールすれば、苦手なことを話しても悪印象にはならないので安心です。
言葉を少し変えたり付け加えたりするだけで、印象が変わると覚えておきましょう。

就職で有利になる資格とは

希望している企業に就職するため、資格を獲得してください。
そして持っている資格を面接で伝えることで、印象がよくなります。
自分が他の人より優れていることをアピールできるでしょう。
秘書検定やマナー検定、パソコンに関係する資格はどこの企業でも有利になります。
面接をする際は、履歴書を書きます。
そこに資格を記載する欄がありますが、たくさんの資格を持っている場合は、すべてを書ききることができないかもしれません。

ですから、口頭でも持っている資格を伝えることが重要です。
資格を獲得するために勉強を頑張ったことや、工夫したことがあると思います。
それを伝えるといいですね。
持っている資格の数が多いというだけで、面接官の印象に残ります。