企業のどこに惹かれたのか

自分が感じた企業の魅力

具体的な志望動機を、前もって考えておきましょう。
経営理念が、自分の考えと一緒だったという人がいるでしょう。
ここなら、自分の能力を十分に生かせると考えた人もいるかもしれません。
それを素直に伝えてください。
志望動機を持っていないと、不真面目に見られます。
採用しても、積極的に仕事に取り組んでくれないので企業側としても困ります。

面接で、真面目な人であるか判断されると忘れないでください。
少しでも不真面目に見られると、不採用になります。
やる気を持ってこの企業を希望していることを伝えれば、こちらの熱意をわかってくれると思います。
相手がきちんと理解できるよう、企業のどの部分を気に入ったのか詳しく説明しましょう。

ハキハキと質問に答えよう

質問されて返答に困っていると、こちらの印象が悪くなってしまいます。
面接の際は、スムーズに受け答えなければいけません。
答えを事前に考えておくことで、何を聞かれてもしっかり応えることができます。
聞かれた質問に対してその場で答えを考えていると、うまく自分の考えを伝えることができません。
志望動機をきちんと持っているのに、何も考えず適当にこの企業を選択したと思われてしまうかもしれません。

そうなったら面接は失敗するので、答えを用意しておきましょう。
緊張すると、早口になる人が見られます。
しかし早口では何と言っているのか、聞き取れない可能性があります。
緊張せずゆっくり喋られるよう、面接の練習をするといいですね。