この企業で自分がやりたい仕事

採用されてからの話

実際に採用されたら、どんな仕事をしたいと考えていますか。
与えられた仕事を黙々と済ませることも重要ですが、受け身の姿勢ではいけません。
自分から発言したり行動したりして、企業の経営状態がよくなるよう工夫してください。
やりたい仕事を、発言することも大事です。
面接の時に、伝えておきましょう。
すると考えて行動できる人間だと、アピールできます。

受け身の姿勢を見せていると、消極的な人間だと思われてしまいます。
やりたいことを、明確に考えておきましょう。
自分は企業の経営状態を良くするため、力を発揮したいという思いを面接で伝えてください。
才能を持っていても、面接官にうまく伝わらないと意味がないので注意してください。

部署の希望も言っておこう

企業には、複数の部署があります。
やりたいことを面接時に伝えることで、それができる部署に配属される確率が高くなります。
採用されても、希望と異なっている部署だったら才能を発揮できないので困ります。
次第に仕事に対するモチベーションも、下がるかもしれません。
明確な目標を伝えていないと、企業側もどこの部署に配属すればいいのかわからなくなってしまいます。

このような仕事をしたい、この部署なら頑張って仕事に取り組めると伝えていれば大丈夫です。
そのため、企業の情報を詳しく知ることを意識してください。
何種類ぐらいの部署があるのか、またそれぞれの仕事内容などを理解しておきましょう。
面接の前に、ある程度の準備が必要です。